楽しい気持ちでいれば自ずと見える景色が変わっていく

楽しい気持ち、幸せな気持ちを感じながら日々を過ごしていくと、見える景色は良いものに変わっていきます。見るものは全て自分しだいで変わっていくのです。世界は外が決めているように感じるかもしれませんが、実は自分が決めています。

決めた覚えが無い、こんなことは考えないと感じる嫌な出来事等起こることもありますが、自分が本当に考えていることは自分にも分からないのです。建前で欲しい物と心から望むものは不一致であることは多くあります。

とにかく難しいことを考えずに、楽しく幸せな気持ちを保つ時間を増やしていけば、生活は好転していきます。

気持ちが楽しくなるとネガティブが減る

ネガティブをゼロにすることは出来ませんが、気持ちが楽しく幸せに感じる時間が増えると、ネガティブでいる時間を短くすることが出来ます。時々不安や焦りを感じても、その感情が比較的短時間で静まり、また楽しく幸せな事を感じることが出来るようになるのです。

とにかく楽しいこと、幸せなこと重視です。たとえば一生が24時間だと仮定すると、圧倒的多数の人がその24時間を楽しく過ごそうと動かれるでしょう。それにネガティブでいる時間を勿体無いと感じるはずです。

体調が悪い、精神面が不安定なときもありますが、それはそれで受け入れればいいのです。どんな人でも毎日ハイテンションで行くことは難しいです。

毎日が忙しくても、少しの時間でもいいので好きなことをする、好きなことに触れる時間を用意することは大切です。忙しいのが終わってからにすると後回しにしていると、なかなか暇がやってこなくなります。

楽しくなっていくきっかけはある日突然

生活が良いほうへ動いていくときには、何かしらの合図があるものです。やりたいと思ったこと、行きたいと思った場所、会いたいと思った人にコンタクトを取ることが鍵です。

私は夏ごろ気持ちがどん底でいましたが、2~3ヵ月後位にちょっとしたことがきっかけで、物事が楽しくなるよう動き出しました。

何となく気になった、ピンときたのであればそれは行動をする合図です。自分から動こうと決めなくても自然と動けるようになります。また何が合図なのか気にしたり、何が起こるのだろうかと意識しないほうが前に進みやすくなります。物事は気にすると動きが停滞してしまいます。

私は時折ネガティブになるものの、夏ごろに感じたどん底からは脱出することが出来、その頃が信じられないくらい状況が良くなりました。別に生活が大きく変わったわけではありませんが、精神的に大きく成長できたように感じています。

変化は少しずつ

生活は良かれ悪かれ、知らないうちに変化していきます。気がついたらこのような生活になっていた等、意識しない間に世界は動いていきます。

だから普段意識すること、気持ちの状況は大切です。変化は少しずつ現れるので本当に目に見えづらいですが、徐々に変わっていくのです。

楽しい、幸せな時間を少しでも増やしていくことが出来れば、人生はより良いものに動きます。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする