れおたの詳しい自己紹介、れおたとは何者だ

れおたです。この度は私のブログにアクセスくださり、ありがとうございます。このブログはサーバー設置型のワードプレスで書かれています。無料ブログが多数あるのですが、広告とかその他諸々気になることがあって、あまり使いたいとは思えませんでした。

ワードプレスは憧れだったので、習うより慣れろの精神で思い切って4月に利用開始しました。断捨離やどうすれば幸せに生きていけるかを主に、情報発信しています。将来的には生きた証にしたいと思い、何か気づきがあれば過去の記事でも更新していったりすることを心がけています。

現在多忙であるため、思ったように更新できない時もあるかもしれませんが、影から見守ってくださると幸いです。

プロフィール

小学生の頃はいじめに遭い、子供の頃から対人不安が常にありました。とにかく人と喋る機会が嫌いでしたね。いじめは在学中に無くなりましたが、常に怯えて生活していたので、精神的に辛かったです。

私の場合家族からのフォローがあったため、家に帰ると安心感を得られるのが幸いでした。

中学生になるといじめも無くなり、毎日ゲームしたりと楽しく遊んでいましたが、友達ができませんでした。少し仲良くなった人はいましたが、友達一歩手前と言った感じでした。子供の頃の対人不安から、人との付き合い方があまり分からない部分がありました。

高校に進学しても一人でいることが多く、在学中に使ったインターネットが楽しくて、そればかりやっていました。その頃は今のようにインターネットがそれほど発達しておらず、色々不自由を感じることが多かったです。電話代など親に迷惑をかけたこともありました。

でもリアルで人とうまく付き合えない自分にとっては、安心できる場でした。当時の言動が色々痛かった点もありましたが、それも成長過程だったと思います。

高校卒業後は短大に進学しましたが、学校の先生の勧めで何となく行ったようなもので、自分の本心から進学をしたわけではありません。在学中に初めて恋人ができたりし、進学しなかった時よりも充実した時間を過ごせたかもしれませんが、物事は自分の本心から選ぶ必要があるなと、感じました。

学校を卒業しても、何となくの気持ちだったし、就職も上手く出来なくて、近所へパートタイムで働きはじめました。その仕事は残業もあったけれど、もともと短時間勤務のためそれほど気になりませんでした。割りと仕事や職場の雰囲気が自分に合っていたのか、割とその仕事は続きました。

しかし、数年後フルタイムで仕事を始めるのですが、そこで精神を壊しかけました。そのフルタイムの仕事中で職場外で出会った人と相談して、退職を決意し仕事を辞めました。

仕事を辞めてからは昼間にダラダラしていることに罪悪感を感じたり、人から責められたりしないだろうかという不安で、人の近くにいる時ヒヤヒヤしたりして、恐れの気持ちが大きかったです。

それから時間も合ったし、貯めたお金で普通自動車免許を取りに行きました。教習中も一緒に乗っている先生が怖く、なかなか修了検定が受かりませんでした。在学中ストレスから背中に大きな蕁麻疹が出たこともありました。

スポンサーリンク



そんな私も8ヶ月くらいかかって教習所を卒業し、親の車を借りて運転をしていましたが、途中で過呼吸になりました。暑いのにクーラーの使い方がよく分からず、暑かったのと緊張していたのがあったのかもしれません。苦しくてパニックになりそうでしたが、窓を開けて少し休んでいると調子は戻ってきました。

それから車の運転が怖くなってきて、体調も何となく悪くなってきました。何処かで倒れてしまわないかという不安が常にあり、どこへ行くにも消極的でした。幸い最悪の事態にはなりませんでしたが、10年近くその症状に悩まされていました。

途中、精神科に行ったり、楽しいことを優先的にしていくようにしていったためか、少しずつ症状は良くなってきました。若い頃を棒に振ったなと思うこともありましたが、今からすると「そんなこともあったな」と出来事を軽く見ることが出来るようになりました。

またインターネットを見ていると、色々な生き方をしている人をよく見るようになりました。昔に比べて情報発信が容易な現在、様々な人がブログやサイトを作って、その人たちの生き様を見ていると、自分も自分らしく生きていきたいなという気持ちが強くなりました。

今は見なくなってしまいましたが、断捨離系のブログですごくためになる所があって、そのサイトのお陰で断捨離も進みミニマリストという言葉を知りました。

私はいろいろ物を買い漁った期間がありましたが、物は一時的に心を癒やしてくれても、継続的に心を癒やしてくれません。いずれは飽きてガラクタになる恐れもあります。

ミニマリストと聞くと何も無い部屋に住んでいるというイメージがあると思いますが、ミニマリストの定義は人それぞれ、自分がミニマリストだと思えばそれでいいのです。

ミニマリスト同士まだ物が多い、私のほうが物が少ないと荷物の少なさを競うようなことがあるそうですが、私は自分と人とは比べるものではないと思っています。

十人十色と言う言葉があるように、10人いれば皆性格や考えは違います。同じような性格の人が集まったとしても、完全に同じ人はいません。

だから、人と比べること事態無駄だと思っています。比べるなら過去の自分と比べるようにした方がいいです。過去の自分と比べてどれだけ今の自分が成長できたのかが大切です。

このブログは毎日更新したりする時もあれば、不定期になることもあります。暇な時でもいいので、いつでも遊びに来てくださいね。

本日もお読み下さり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする