潜在意識で願いが叶うか不安になるのは、叶えたい気持ちが強いから

願い事は潜在意識に丸投げ、自分であくせくしなくてもいいと聞いても、不安感は大なり小なり出てくるものです。

「叶わないかもしれない」という不安は、どうしても叶えたくてたまらない、叶えたいという気持ちが強いため出てくるものです。

恋愛や人間関係、お金などの願望になればなるほど、その傾向は強くなるように思えます。

とにかくよく言われる言葉かもしれませんが、何でもいいので今目の前にある事をやっていれば、何かしらチャンスというものはスッとやってきます。

不安は抑えなくても大丈夫

願望が叶うかどうかで不安な気持ちになっても、それを無理に抑えようとしなくても大丈夫です。感情は自然に任せていれば次第に消えていきます。

不安とは幻のようなものです。不安になっているときは絶望的ですが、その感情が薄れると何故絶望的になってたのかが分からなくなります。

また不安になり、「こんな事を考えては叶わない」「これでは悪いのが引き寄せられるのでは・・・」と考えてしまうと、胸がモヤモヤします。それに罪悪感の思考が頭をぐるぐる回り、気持ちもモヤモヤしたままです。

不安は消そうとすればするほど出てくるものです。「不安を感じないようにしよう」と思えば思うほど不安にとりつかれてしまいます。

「多少不安になってもいい」、「不安になっても大丈夫」と不安に対し大らかな気持ちでいることも大切です。

叶うか不安になる願望があることは素敵なこと

とても叶えたい願望があると、心がワクワクしてきます。逆にあまり喜べない、叶えたいけどそこまで真剣に叶えようと思えない事は、自分にとってそれほど重要な願いでは無いのです。

叶えたくてワクワクする反面、時には不安を感じることもありますが、それは叶えたくてたまらない気持ちの裏返しです。

今の自分にとってとても大切な願望でもあるのです。

生きていて叶えたくてたまらないという願望は、それほど多くありません。多くは漠然とした叶っても叶わなくてもいい願い事です。

人生の中で感情を大きく動かす願望に出会えることは奇跡です。それは自分にとってかけがえのないものです。

焦らず淡々と目の前のことをやっていく

願いを叶えようと必死になり、焦ってしまうと何故か上手く進まなくなってしまいます。私は焦っている時ほど物事が停滞していました。

冒頭にも書きましたが、ただ今やりたいことを淡々とやっているだけでいいのです。失敗したなと思ってもその失敗に過度に引きずられず、また淡々とやり続ければ良いのです。

願望成就の過程で、また新たな願望を知ることもあり、新しい願い事が増えることもあります。私は願いを叶えようと動いていた時に、新しい願望ができました。

とにかく何かしらやりたい事をしているだけで大丈夫です。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする