遠回りでも全てうまく行っている

引き寄せのメソッドをしていると、遠回りをしてしまったなと感じることがあるかもしれませんが、それはそれで正しいので大丈夫です。

その遠回りの中でも、何かしら学べることがあります。またそこで新たな出会いもあります。

何事も最短で進むのが良いことだとは思いますが、逆に遠回りするからこそ、最短で上手く進むときよりも、得るものが多くなることもあります。

遠回りも、潜在意識があなたにより大きな感動を体験させるために導いた道筋です。だから、その道は正しいのです。

早いが正しいとは限らない

世の中は何事においても迅速が重宝される場面が多くありますが、何事も早くしないといけないという決まりはありません。

早いのが良いと決めるのも、遅くても良いと決めるのも、自由です。どちらが正しいとか間違っているとかはありません。

私達は何でも早くを求めてしまい、それで思い通りにならないとストレスを感じてしまいますが、その思い通りにならない所こそ、何かしら今の自分に必要なものが、あるのです。

私もオンラインゲームをやっていて、後もう少しでクリアできるところでアウトになってしまったことがありました。

その時はとてもつなく悔しかったのですが、クリア一歩手前に来たことにより、絶対にクリアできるという確信を持つことができました。

あの時アウトになったおかげで、確信の力を高めることができたのです。それから不思議な縁があり、ゲームは無事にクリアすることができました。

百発百中ばかりでは楽しくない

何でもかんでも百発百中上手く行き過ぎても、それはそれで、その状況が当たり前になってしまい、成功しても嬉しさを感じなくなってしまいます。

仮にですが、目の前に望むとすぐにお金や、好みの人が当たり前に現れる世界にいると、最初はものすごく刺激的で楽しいけれど、それが当たり前になってしまえば、何の感動もなくつまらなくなってしまいます。

あまり起きてほしくないですが、思い通りにいかないことも、今ある願いが叶った時の喜びを倍増してくれるものです。

ゲームで無敵になることが出来ると、クリアは簡単になりますが、それでは味気なくてクリアの喜びも感じられないですよね。悪戦苦闘して切り抜けてきたからこそ、クリアした時の感動があるのです。

好物のステーキも毎日食べると飽きてしまいます。感動的なこともそれが当然になると、ありがたみが無くなってしまいます。

遠回りが最短である場合もある

目的地まで早く行くことが出来る道があったとしても、そこが渋滞していると遠回りしていくよりも、時間がかかってしまいます。

また、目的地までの道は危なく、迂回したほうが安全である場合もあるのです。崖をよじ登るより、距離は長くとも平地を歩くほうが楽ですし、安全です。

遠回りしたとしても、それは無駄ではありません。その間にも沢山のドラマがありますし、感動も体験できます。

大丈夫です、時間がかかっても願いはかないます。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする