悲しみや辛さは幸せにつながっている

毎日幸せな気持ちで過ごせれば幸いだけど、時にはいろいろな出来事があって悲しみや辛さで苦しくなってしまうことがあります。

私も、時折辛い思いに悩まされることがありますが、それはずっと続きません。時間が経てばまた楽しい気持ち、暖かな気持ちを感じることが出来るようになります。

悲しみや辛さで辛い思いをした後には、今までの悪かったことに気づいたり、良い気づきを得たりと辛い思いをする前より、何かしら実りのあることが多くなりました。

悲しみや辛さでネガティブになるのは気持ちの浄化

私は先月からあるSNSの書き込みを見て、部屋の雑巾がけを毎日することを決めました。最初はしんどかったですが、次第に慣れてきて少ない力で雑巾がけをすることが出来るようになりました。

それから1週間後くらいから何故か気持ちがネガティブに傾くときが多くなっていきました。ネガティブな気持ちで人に迷惑をかけてしまったなと感じるときもありました。

しかしそれからも掃除は続け、次第にネガティブな気持ちは消えていきました。今は雑巾がけをすることにより部屋がきれいだという嬉しさを感じることが出来、ネガティブも少なくなって気持ちが穏やかになってきました。

引き寄せを実践したり、潜在意識に良い生活を送ろうとしていると、時折寂しさや悲しさ等のネガティブを感じるのは、今の自分からステップアップしているというサインです。

私の雑巾がけの例のように、引き寄せを実践し始めると生活が変化し始めます。何事もですがやり始めというものはいろいろとしんどさを感じます。脳は現状維持を好むので、いつもと違う行動をすると何かしら抵抗をしてしまいます。それがネガティブ感情で出る場合もあります。

ネガティブや不安な気持ちは一過性で、いつかはその気持ちも晴れます。ステップアップの時期のネガティブは無理せずそのまま過ごすことで、気持ちが晴れたときには今までより良いものに出会うことが出来たり、感じることが出来ます。

悲しみや辛さでネガティブでもありのままで過ごしてください。ネガティブを受け入れネガティブが消えるときまでありのままで過ごすことです。ネガティブを感じているときは今の気持ちの浄化タイムです。浄化タイムが終わればまた、楽しく過ごせるようになります。

マイナスを出し切ればプラスが入ってくる

悲しみや辛さで苦しいときは、コップにいっぱい悲しみや辛さの水であふれてしまっている状態です。だからまずはその悲しみの水を流してしまわないといけません。

マイナスを感じきってマイナスを出してしまえば、マイナスは消えていきます。辛くて泣いていてもふとした時、泣いているのが恥ずかしくなってしまうことがあります。感情は放出すれば消えていきます。

そうしてマイナスを出し切れば、悲しみや辛さの水は減って、そこにはスペースが出来プラスが入るようになります。新しいものを入れるには古いものを出す必要があります。

この世に起こることは素敵なギフト

時にはギフトだと思えない出来事が起こる事もありますが、現在起こることは自分にとっての最高のプレゼントです。そのときはそう思えなくても、後になってから分かるときもあります。

私も些細なことでも過去にやってしまったことを反省したりすることがあります。当時はそれでよいと思っていたことも、時の流れによりそれは良くないと判断できるようになります。

どんなに遠回りしたと感じても、悪いことをしてしまったと感じても、その出来事は全て無駄ではありません。無駄だと感じてしまうと、出来事の無駄な部分しか見れなくなってしまいます。

何年も何十年もかかるかもしれないけど、今起こることは何かしら良い方向へ繋がっていきます。辛いときは無理をせず過ごしてください。

少しずつ一歩ずつ、物事の良い部分を見るようにしていけばいいのです。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする