引き寄せに固執しすぎず、普段の生活を楽しむ

引き寄せに固執しすぎると、いつ叶うか心配になったり、絶えず願わないと叶わないのではと、不安になってしまうことが多くなってしまいます。

何よりまずは、今を生きることが引き寄せに限らず、人生を有意義に生きるために必要です。

思考は未来の不安にフォーカスしてしまいやすく、休みの日をゆっくり過ごしていても、次の日の仕事のことを考えてしまうと、せっかくゆっくりと過ごしているのに、気持ちが憂鬱になってしまいます。

思考はすぐ未来に飛んでしまいますが、何よりも今が大切です。

明日は予想通りとは限らない

明日の仕事はいつもより大変そうだなと、憂鬱な気分になったとしても、必ずしもその気持ちのとおりになるとは限りませんし、案外それほど気負うこと無くこなせることも多いのです。

明日は嫌だ嫌だと思っていても、実際に明日になってみれば難なく過ごせるのです。

人生はものすごく嫌なことも、ものすごく良いことも滅多に起こらないものです。

引き寄せは忘れた頃にやってくる

引き寄せたいことは、いつやってくるか監視をしていると、流れが滞ってしまいやすくなります。

まだかなまだかなと、チラ見すればするほど、引き寄せに限らず物事が動きにくくなります。

仮に3日以内に入金があると知ると、「今日入金されて欲しい」と本日中に入金されることに執着してしまう時に限って、入金が遅くなってしまうことが多くなります。

私も入金の予定がある時は、まだかまだかと待っている時に限って遅くなることが多かったです。

逆に「そのうち入るだろう」と気楽に構えて、入金があることを忘れていると、予想よりも早くに入金されるということが多いです。

目の前のことをするだけでいい

やっててのめりこめる、やってて楽しいことをしていると、ストレスは解消されリラックスすることができます。

どんな事でも熱中できることは自分に合っているのです。高尚な趣味を持たないとダメと言う訳ではありません。逆に趣味にこだわりすぎてしまうと、自分を見失ってしまいます。

「幼稚だ」「子供っぽい」ことでも、それをしているといい気持ちになれるのであれば、それは自分の為になります。

人から何を言われても、自分が好きならそれを思いっきり楽しめばOKです。

やり終わった後に「楽しかった」と思えるものがあると、それだけで幸せです。

趣味が見つからない、それと言った趣味が無くても、好きだなと思えるものに触れるだけでいいのです。テレビで好きな俳優を見たり、アニメを見たり、雑誌や本を読んだりと、身近で楽しめるものを楽しむだけでいいのです。

1日のうちで少しでも楽しい時間を

食事の時間、お風呂の時間、寝る前等いつでもいいので、自分がリラックスして安心できる時間があれば、それだけで気持ちはワクワクしてきます。

私はゲームをやって良い成果を得ることが出来ると、ものすごく嬉しくなり、達成感で充実感を得ることができます。

とにかくやりたい事を遠慮なくやってみることです。ひと目を気にしたり、有益か無益かを考えすぎては何も出来なくなってしまいます。

何でも良いので、自分が心から楽しむことができれば良いのです。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする