潜在意識での恋愛は嫌な出来事を疑うこと、良い想像を増やしていく

潜在意識での恋愛は、現実に一喜一憂せず、いかににゴールを見つめ続けるかにあります。

しかし、頭では大丈夫だと思っていても、嫌な出来事に絶望してしまうことはあります。それでもうダメと諦めたくなるかもしれませんが、道中は何があっても終わりよしと考えれば、大丈夫です。

現実で何があっても、少しでも良い想像を巡らせてみるのです。はじめは上手くいかないかもしれませんが、毎日少しでも続けていくことで、ちょっとずつ出来るようになってきます。

現実は関係ないと思うことで、いい出来事も悪い出来事も時間が経てば、本当かどうか分からなくなる

私は昔の出来事が良いことであっても、悪いことであっても、本当にそれが実際に起ったのか、ただの想像なのかが分からなくなってきています。確かに体験したことでも、それは本当なのか疑ってしまう時があります。

潜在意識に委ねていると、段々と現実が幻に感じるようになってきたのです。辛いことを体験して、それで傷つくことはありますが、それも1~2週間もすれば、「あれは夢だったのでは」と思うようになってきました。

潜在意識で願いをかなえるのに現実は関係ない、という言葉をいつも意識していたため、嫌な事が起こるとそれは嘘だと自然と思うようになっていきました。

今私は恋愛に関して、あまりいい位置にいませんが、それでも挽回は可能だと確信はしています。現実は徐々に変わっていくものです。少しずつ暗示をかけていると、やがてそのような立ち位置になるのです。

少しずつ良い想像を巡らせる

今恋愛で上手く行かなかったとしても、それは思い込みであり幻であるのです。好きな人に冷たい態度を取られたとしても、それがそのまま真実とは限りません。

もしかしたら相手は別の何かで悩んでいて、それが顔に出てしまったのかもしれません。その瞬間、相手にも何かしらの理由があるのです。

上手くいかないと感じる時期も、一時的ですし、そのような時期も見る角度を変えてみると、何かしら良い部分が見つかります。

物事はすべて中立です。起こる出来事に完全に良いものも悪いものもありません。ただそれにどのようなフィルタをつけて見つめるかで、良いか悪いかが決まります。

好きな人に嫌われる、冷たくされるという体験をしたとしても、それにいつまでも引きづられず、何でも良いので少しずつ良い想像をしていくことです。

私はネットゲームで、こっそりとサブキャラクターでその好きな人の側に行くことで、相手は自分に嫉妬しているという妄想をしてみました。

サブキャラクターはかっこいいキャラクターで、相手に「そんなキャラクターで遊ぶよりも、自分と遊んでほしい」と想像の中で発言させてみました。

今その瞬間は相手は、そう思っていなかったかもしれませんが、現実化にはタイムラグがありますし、現実化に固執する必要もないのです。

リアルに想像ができた時点で、現実化はできなくとも願いは、叶っているのです。現実に起こる出来事を体験するのも、テレビで同じような映像を見るのも、どっちも同じなのです。

ただテレビで見ると、その場の空気や匂い温度を感じないだけです。でも実際に体験するのと同じ感情を味わうことはできます。

妄想はすぐにはできないかもしれません。いつもできないかもしれません。出来るときだけで大丈夫です。

嫌な現実を見て凹むことを恐れない

嫌な現実を見ると、大なり小なりショックを受けるものです。私も恋愛以外でも上手く行かずに悩んでいることもあります。

しかし上手くいかないと悩むことは、生きている限りいつもつきまといますし、別に今解消できなくてもそれが悪さをするわけではありません。

潜在意識を知って上手く活かせるようになっても、嫌なことでショックを受けることは無くなりません。でも、ショックから回復する速度は早くなります。

人生はショックを受けないようにする、ショックに耐えれるように強くなるのではなく、ショックを受けてもすぐに立ち直れるのが大切です。

好きな人と上手くいかない、好きな人に恋人ができてしまった、などという出来事はテレビドラマのようなものです。

テレビドラマの主人公が好きな人に恋人ができてしまったシーンと同じです。

それでも見た時はショックを受けますが、それでも好きな人と恋人になることを諦めたくないのであれば、上手く行っているという良いシーンを思い描くことです。

1日少しでも良いです。毎日たった1分でも毎日想像できれば、それは大きな力となっていきます。良い想像をすること、これでよくなると思いつつ何か行動をすることは、上手くいかない時期を切り抜けるために必要な、大切な種まきとなります。

恋愛は人と人とが絡み合うため、時間がかかることもありますが、それでもそれで完璧なのです。

恋愛に固執してしまう、重たくなってしまうという時期はありますが、それも何かしら必要だからそのような行動をしてしまうのです。

何が良い、何が悪いという事はありません。人それぞれ人生の道筋は違います。

遠回りしてもそれが最速で、安全なのです。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする