世界は良くも悪くも、知らないうちに思う通りに動く

良いことも悪いことも、今よりも前に考えていたこと意識していたことが現実化しているだけです。

潜在意識は自分も他人も区別をしないため、些細な言動にも気をつけていく必要があります。特に人への悪意や愚痴、不平不満は後々の生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

現状に不満を持つと更に不満が増えていく

どのような願い事を叶えても、また次の欲求は必ず出てきます。人は満たされてしまうとそれに慣れてしまい、またあれこれ不満を探しやすくもなってしまいます。

また今見えている現実というのは、過去の自分が叶えたいと思った未来です。「そんなことはない」と思っていても無意識で望む世界を意識してしまいます。

現状がどうあれ過去の願いを叶えた世界が展開されています。

今に不満を持っていて、不足を見ていると更に不足を引き寄せてしまいます。私は趣味に使えるお金が沢山あるのにもかかわらず、その状態に満足せず「もっとお金があればいいな」と常に不足を意識していました。

それを更に続けていると、収入が減ってしまうことになり、金銭的に不自由をしてしまう事になりました。

金銭的に不自由になった時期から、金銭面で不満を言っていた時期を思い出すと恵まれていました。恵まれていた事に注目せず、ずっと不足を見てしまっていました。不足を発していたため不足が引き寄せられてしまいました。

嫌な経験のおかげで知ることも増える

お金に困ると不幸、悲しい、最悪というイメージがありますが、どのような出来事でも100%悪い部分はありません。良い部分と悪い部分が半々です。

長らくお金に困って辛い気持ちでいましたが、ぽつぽつといろいろな情報を見聞きし、その間に潜在意識に出会いました。

そうして潜在意識に良い情報を積極的に取り入れ、自分の行動を省みる時間を増やしていると、段々と過去の不足を意識していた自分が愚かだという事が分かりました。

過去の言動で嫌なことを引き寄せてしまったため、不足をみたり不平不満を言う事は恐ろしいということが身に染みて理解することが出来ました。

人はガツンと心に染みる体験をしないと、今の悪いところに気がつかないものです。

今自分が在ることは奇跡

過去の悪かった点に気づき、それを改めるよう動いていけば、大丈夫です。

生きていると何かと不満を持つことも多くありますが、今の現状をありがたく思うことを忘れてはいけないと思います。

過去にお金を払っているから、給食の時にいただきますを言うのはおかしいという言葉を聞いた事がありますが、お金を払う払わない抜きで食事に感謝を忘れてしまうことは良くありません。

食品の食材というものは全て奇跡で出来ています。米や野菜も天候により不作になってしまう可能性はあります。少し前にも不作でキャベツや白菜等身近な野菜が高騰することもありました。

食材に限らず、今自分が存在していること、今平和に過ごせることは奇跡です。当たり前に見える日常も奇跡です。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする