幸せは傍にあることを気づくために、あらゆる旅をする

幸せになるには、大願が叶いお金持ちになったり、いい会社に入ったりと環境が大きく変わらないと無理と思ってしまいますが実は、幸せはすでに傍にあります。

またお金持ちになるなどしないと幸せになれないと決めてしまうと、幸せへの道が険しくなります。幸せは今の日常にもうすでにあります。当たり前すぎて見えないだけで、あります。

幸せ探しは今の幸せに気づくためのもの

今の生活が不満だから、いろいろ本や動画、セミナーを見たり聞いたりしたり、どこかへ出かけたりと不満な生活から抜けようと、あらゆることを試したくなりますが、それでもなかなか自分のしっくりするものを見つけることは出来ません。

私も生活の不満からあれこれ幸せを外に求めて探していましたが、見つかることはありませんでした。時には嫌な思いをしたり、生活が悪いと感じる状態になってしまいました。

しかしその生活が悪いと感じる状態になったからこそ、ささやかな日常を過ごすことが幸せだと知ることが出来ました。

人は今もっている、今の生活が当たり前だと思ってしまうと、そこに感謝が行かなくなり不足や不満を見つめてしまいます。

無駄なことは無い

皮肉にも生活が悪くなって今までの生活が良いものだと気づきましたが、それ自体良いも悪いもありません。それも全て潜在意識が私に今の大切さを教えるために、あえて悪い生活を見せていたのかもしれません。

起こることは全て自分にとって必要なものです。私にも嫌だと思うことはありますが、それで気持ちが沈んだとしてもそれを受け入れ過ごしています。

良いことが起こったから幸せ、悪いことが起こったから不幸というのは思い込みです。物事は全てニュートラルです。

良いことが悪いことに、悪いことが良いことにつながっていることは人生でよくあります。

私は生活に不満を持っていた時期よりも悪いと感じる生活をしたことにより、すでに幸せはあった、幸せはすでにあったのに無駄なことをして悪化させてしまったと、強く反省することが出来ました。

大願を叶えるのは良い事だけど、動機に気をつける

「今の幸せに満足しなさい。」「大願叶えるのは悪い事。」ではありません。

しかし、その大願を叶える動機がポジティブから始まるのかネガティブで始まるのかが、大切です。

大願を叶えようと決めてそれに対してワクワクしたり、幸せな気持ちになるのならそれは、ポジティブな動機からのものです。

逆に今の不足を埋めるために無理やり動こうとしてたり、心が何かもやっとするのであればそれはネガティブな動機によるものです。

それに行動もネガティブよりポジティブの方がフットワークが軽くなり、順調に願望へと行動することが出来ます。

動機がネガティブだと行動するのにエネルギーが必要だったり、気持ちがもやもやしたままだったりと、なかなか願望へ対して動くことが出来ません。

今の幸せに気づくと不足を感じにくくなる

今の幸せに気づくと、不思議と不足部分に目が行かなくなります。

それでも欲しいもの、欲しい状況、はありますが、昔ほど求めなくなっていきました。

お金持ちになる等も楽しいですが、普通に眠れて普通に食事をして普通に過ごすことが何よりも幸せだと感じています。

健康な生活を送れるから、お金持ちになったとき楽しく過ごせますね。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする