真逆の現象、嫌な現象は幻、だから心配しないで

潜在意識で願いをかなえようと決めて、その道中での真逆現象、嫌な現象はなるべく体験したくないものです。

しかし、真逆現象だからといってそれが、願望達成に影響するかどうかを考えると、全く関係の無いように思えます。

そもそも、良いことも悪いこともただの一瞬の出来事です。過ぎてしまえばそれまでです。真逆の現象、嫌な現象はその見た瞬間しか存在しません。

幻に力を与えるとそれが大きくなる

出来事自体には何も良い悪いの区別はありません。ただ、良いから悪いかを自分でジャッジしているだけです。

どんな出来事にも、良い部分悪い部分が必ずあります。良い部分と悪い部分は半々です。

出来事が良いと感じれば、良いという力が強くなり、悪いと感じれば悪いという力が大きくなります。

恋愛等で嫌な映像を見てしまうこともあるかもしれませんが、そこでネガティブな考えが浮かんでしまうと底なしに、悪いほうへ思考が向かってしまいます。

感情はすぐに切り替わる

真逆の現象を見てしまうと、気持ちが沈んで辛いかと思いますが、感情はずっと固定ではなく時間が経てば切り替わっていきます。

今絶望的でも、ちょっとしたきっかけで沈んだ気持ちは浮き上がらせることが出来ます。

潜在意識を信じ、今見えている物に惑わされないようにしていると、段々と絶望的になる時間は減ってきます。

とにかく強気に願望を見つめ続けることです。嫌な映像を幻だと気づくことです。

一つの事に固執しないのも大切

どうしても、あの人と結ばれたい、結婚したいという気持ちは強くなるものですが、その人に縛られすぎてしまうのも、心を疲弊させてしまいます。

恋心はいつしか愛よりも、執着心のほうが強くなってしまうことがあります。恋愛では「苦しい」「つらい」「寂しい」というネガティブな感情が大きくなった時は、本当にその人が好きかどうかを見直してみるのが大切です。

別にひとつの恋が終わったからといって、それですべてが終わるわけではありません。なかなか出会いが無い、もう出会えないかもという不安はあるかもしれませんが、その恐れが次の出会いを遅らせてしまうことに繋がります。

とにかく自分からやってみたいことをやったり、無理なく出来る範囲で出来ることは試してみることも大切です。とにかく素直にやっていれば、何かしらチャンスはあります。

嫌だ、不快だと感じることは幻

感じること、体験することの中で、ポジティブな感情になることが、自分のためになる出来事です。

嫌だ、不快だ、という感情は、気持ちが沈むし元気が無くなってしまうので、本来の自分から感情からかけ離れてしまいます。

いい出来事、悪い出来事も、一瞬でしか存在しない幻です。ずっとあるように感じるのは、それをずっと思い込んでいるからです。

辛い出来事ほどショックが大きく、そこから抜けるのに時間がかかるものですが、いつまでもその思考で自分を苦しめないように、意識することも大切です。

どんなことも、自分のせい、相手のせいと自分や人のせいにしてしまうと、そこで止まってしまいます。

安心に身をゆだねること、自分を大切に

どんな事もですが、安心の気持ち、幸せな気持ちに浸っていると、嫌なこと、辛いことから抜け出すスピードが速くなっていきます。

少しでも自分を癒し、自分を愛していると、段々と状況は良くなっていきます。

自分を愛している、と思っていても意外と、ぞんざいに扱ってしまっている時があります。

しかし、自分を愛しなれていないと、なかなか難しいものでもあります。少しずつ自分の好きなものを選ぶように、生活をしていくのが大切です。

食べ物や着る物等、人の視線を気にするより、自分が食べたいもの、着たい物を選んでいくことが大切です。レストラン等でも、周りに合わせすぎず、好きなメニューを選ぶことが大切です。

とにかく1日のうちに安心や、幸せに浸れる時間が多くなると、ちょっと辛いことがあっても、回復が早くなります。

潜在意識は本当に分からないところで動いています。生活も良くも悪くも、知らないうちに好転したり悪化したりするものです。

状況が悪いときは、どこかで悪い思考を続けていたのかもしれません。でも、それでもまた、安心や幸せにフォーカスしていれば段々と、状況は好転していきます。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする