潜在意識なら体調や心の調子を整えてくれる

私は長らく不安感が強くなる症状に悩まされていて、病院へ行って弱めの安定剤を処方してもらっていた時期がありました。

原因は遊びに行っていた時にいきなり過呼吸になってしまったためです。息苦しさや強い不安から、それ以来出かけたりするのが怖くなってしまいました。

色々出かけたいのに、不安感のせいで上手く行動できないことに、焦りや苛立ちを感じていたことが多かったです。

しかし潜在意識を知り、日々過ごしているとたまに辛くなるときもあるのですが、昔よりも不安感が強くなることが減っていきました。

潜在意識を知らなくても、願いは叶っていた

不安感で強い時は、何とか早く前のように楽しく生活したいと思いつつ暮らしていました。過呼吸以来不安感から積極的な生活が出来なくなっていたのです。

でも過去を振り返ると、そのような不安を感じる生活は潜在意識によるものでした。不安を感じながら早くその不安を無くして元気になりたいという、願いは叶っていたのです。

良くなっていったのは最近のこと

体調が良くなって、不安感を感じにくくなったのは最近のことです。日常生活を過ごしながら、体調の不安に対してフォーカスすることが自然と減っていきました。

それでも不安感は多少は残るものですが、あえてその不安感を完璧に消そうと考えてはまた、その不安にフォーカスをしてしまいます。

昔は出かけている途中でも不安感が強く、その外出を完全に楽しめなかったのですが、最近は外出しても不安感が出ずに、楽しめるようになりました。

潜在意識を知れば人生は変わる

潜在意識は今の生活を変える大きな力があります。どんな願い事も任せていると、知らないうちに叶えてくれるのです。

体調に関してはとにかくリラックスに集中することです。寝たり休んだりするだけではなく、好きなことに集中してみると、知らないうちに辛い部分が楽になっています。

辛いと思う時期がながければ長いほど、辛いという気持ちが染み付いていて、楽になるのに時間がかかるかもしれませんが、焦らず少しずつ克服していけばいいのです。

薬も適度に使えば、症状を良くしていくための大切な力になります。しかし、薬はあくまでも補助的なもの。症状を良くするのは自分の力なのです。

薬が症状を良くするのではなく、薬を補助として自分の治癒力の力で体や心は癒やされていくのです。

辛い時こそ、少しでも自分を楽なポジションに持っていってください。辛い時に辛い気持ちでいては自分をいじめてしまいますし、それでは心が消耗してしまうだけです。

潜在意識を知り、アファメーションを知れば人生は少しずつ好転していきます。大丈夫です。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする