願い事ができたら、不安や恐れの幻に注意

好きな人と恋人になりたい、お金持ちになりたい等、願い事ができると、いろいろと大なり小なり不安や恐れが出てきます。

またその不安や恐れに振り回され、あれこれ思い悩んで辛い時もあるかもしれません。

しかし、その不安や恐れに気持ちを左右されてしまっては、願い事を取り下げてしまう、叶いにくくしてしまうことになります。

不安や恐れが起源での思考や行動に流されない

「太っているから、好きな人に嫌われる」「おしゃれじゃないから、好かれない」等、あれこれ不安や恐れ、悩みが浮かんだとしてもそれ自体は大丈夫です。

長い人生の中、恐れが不安で胸がつぶされそうになることはあります。だから一時的に恐れや不安で辛くなっても大丈夫ですが、それを長期的に続けてしまっては良くないのです。

とにかく在りたいゴールを見つめ続けることです。太っているから、おしゃれじゃないから駄目という観念が出てきたら、その都度ゴールを見つめなおせばいいだけです。

ゴールを見つめるのが辛くなったときは、無理しないでください。また元気になったら決めなおしていけばいいだけです。

辛いとき、不安や恐れでいっぱいの時であっても、それはただ願望達成までの途中経過です。

恋愛関係は揺らぎやすい

好きな人がいて、相手と上手くいかない、他に好きな人がいる等、あれこれ不安や恐れが浮き上がってくることもあります。

しかし、相手に恋人がいたとしても、恋愛関係というものは揺らぎやすいものです。朝は仲が良かったのに、その日の夜には大喧嘩してしまうということは、よくあります。

相手に恋人がいたとしても、その関係はずっと続く可能性はありません。私は仲が良さそうだなと思っていたカップルが、いつの間にか分かれているということを目の当たりにしました。

恋愛関係は揺らぎやすいので、それは自分の恋愛のときにも大切なことです。恋をすると楽しいですが、いろいろとネガティブな感情も湧き上がってきます。

相手と上手くいかない、別れてしまうときは、そのネガティブの感情が大きくなりすぎてしまっていることが多いです。

「いつか別れてしまうかもしれない」「相手に好きな人ができたらどうしよう」などという不安は、それを未来に的中させてしまいかねません。

その不安がいけないのではなく、その不安に飲み込まれてしまうのは良くないのです。不安が出たら大丈夫だと安心させる方向へ持っていくのです。

毎回在りたい立ち位置を決めなおしていけばOKです。

自信をつけていけば、不安に惑わされにくくなる

不安になっても、信じられないときがあっても、願いが叶うという自信があれば、そこまで出来事や状態に惑わされなくなってきます。

いきなり揺ぎ無い自信を持つのは難しいので、少しずつ自信を積み重ねていけばいいのです。あわてなくても大丈夫です。他人からの評価よりも、自分のペースで進んでいきましょう。

人生は毎日の積み重ねです。毎日毎日何か人は学び成長していきます。その間に自信も無意識に高まっていきます。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする