完璧にしなくてもいい、ある程度やればそれで良い

人間は完璧を目指すことは出来ません。一度完璧にできる事象があっとしても、時にはミスをします。完璧主義であればそれで落胆してしまうかもしれませんが、人間はロボットではありません。あまりにもいい加減にやり過ぎもよくありませんが、あまりにも完璧を求めすぎてもいけません。何事も程々が一番です。

人に完璧を求めすぎると余計にできなくなる

ミスはなるべく減らしたいという思いは誰もがあると思いますが、ミスするな、ミスしてはいけないと強く人に押し付けては、却って人は緊張して萎縮してしまい、ミスを誘発してしまいます。別に人に無理にミスをするなときつく言う必要はありません。時には言った本人もミスをしてしまうこともあります。

完璧は疲れてしまう

女性は完璧を求める傾向があるので、家事も育児も仕事も全て頑張ろうとしてしまいます。100点満点できればいいですが、全部それを目指していては体が持ちません。しかも責任感を強く持ってしまうため、余計に肩の荷が重くなってしまいます。誰かに助けてもらえるところは助けてもらい、力を抜くところは力を抜くなりして、自分なりにいいやり方を身につけたいですね。

物事をシンプルにする

どうしても完璧を目指してしまいがちであれば、あらゆるところをシンプルにしてみてください。例えば部屋を片付けて掃除をしやすくすれば、掃除に費やす時間が減ります。掃除に費やす時間を減らし負担も楽にすれば、その他の用事も余裕を持って取り組めます。そのためにも断捨離や片付けを一度やってみて、今ある持ち物を見直してみることをお勧めします。

全てやりきらなくてもOK

たしかに物事を完璧に成し遂げると気分は良くなりますが、完璧に何かをやっている時は大抵無理をしていることが多いです。無理している時は始めは何とかなるかもしれませんが、徐々に疲れが蓄積し逆にやる気が無くなったり、憂鬱状態になってしまいます。

無理をしてやっていても誰も褒めてはくれません。自分の体や心を蝕むだけです。完璧にやりたいという事はプライドが高く、その意識がそうさせています。完璧にやらなきゃと思って気を張り詰めて物事をやったからといって、それが成功するとは限りません。むしろ少し肩の力を抜いてやるほうが、いいことをこなせるかもしれません。

本日もお読み下さり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする