恋人がいる人を好きになった時は、相手の恋人を恨まない

時折恋人のいる人を好きになってしまうことがあります。そんな時相手の恋人に煩わしさを感じたりするかもしれませんが、相手を恨んだり憎んだりしてはいけません。人を憎めばあなたも人から憎まれてしまいます。

恋愛とは相手の幸せを願うもの

つい恋愛は相手にあれしてほしい、これしてほしいと自分本位になってしまいますが、本当は相手の幸せを願うためのもの、いかに相手が幸せになってもらうかを考えるものです。恋愛中に自分本位になると相手が疲れてしまい、破局を迎えることになってしまいます。

相手に恋人がいても本当に相手のことを愛しているのなら、相手の恋人を憎んではいけません。憎しみは憎しみを呼びます。恋愛は楽しい気分になることが大切です。憎しみがあっては楽しくなくなってしまいます。辛いかもしれませんが、そんな相手を祝福することが出来た時、あなたは成長することが出来ます。

それに、相手の恋人は今の相手を幸せにするために存在しています。あなたの好きな人を幸せにしている人です。その人がいなくなると相手は悲しんでしまいます。好きな人が悲しむ姿を見るのは誰だって嫌です。

憎しみの気持ちのある人を恋人にしたいとは思われない

相手に恋人がいたとしてもずっと相手とその恋人が付き合うとは限りません。もしかすると別れてしまうことも十分にあります。そんな時相手が新しい恋人を探そうと決めた時、妬みや憎しみの気持ちの多い人を選びたいとは思いません。

恋人に選びたいと思う人は誰だって一緒にいて心地のいい人です。憎しみの気持ちのもった人を心地いいと思う人は、まずいないでしょう。好きな相手に恋人がいて恨んだり憎んだりしていてもいいことは全くありません。相手の幸せを願い、時には相手やその恋人がいかに幸せになることを考えるのが大切です。

難しいかもしれませんが、人の幸せを願うことは自分の幸せを願うことに繋がります。すぐには出来なくてもいいので、幸せになるには人を恨んではいけない事を忘れてはいけません。

幸せな恋愛をしたいのなら幸せな気持ちを忘れない

好きになった人に恋人がいたら切なくなったり、辛くなったりするかもしれませんが、それもあなたの人生の学びのために必要だからそうなるのです。もしかしたら今後付き合うことが出来るかもしれないし、もっと別のいい人を見つけることが出来るかもしれません。

辛い時は無理をせずゆっくりと過ごしてください。自分の心の声に従って、自分を大事にしてあげてください。幸せな恋愛のためには自分が幸せになることが大切です。幸せを感じない恋愛は意味がありません。

無理をせずありのままで過ごすことが、幸せな恋愛の近道です。背伸びをせず今の自分が心地いいというポジションで、生活をしていると無理することも少ないし、些細な事でも楽しいと感じながら過ごすことが出来ます。

本日もお読み下さり、ありがとうございます。