服の断捨離は、シンプルな服を残していくのがベスト

服は知らない間に着ない服がいっぱい溜まってしまい、新品のまま着ること無く年月が経ってしまったものや、何か特別な時に着ようと思って何年も放置してしまっている服など、探せば少なからずあると思います。

年月が経ってしまうと今の自分に似合わなくなってしまっていて、服を手放す事になったり、シミや虫食いなど服にダメージが出てきます。服を買うということは今着飾る服を買うということです。服を買う時に凝った服や、高価で身の丈に合わないと感じると、なかなか袖を通すことが出来ないでしょう。

そんな時のために普段着る服はシンプルなものを揃えるのが、ベストです。地味に感じるかもしれませんが、シンプルであれば流行に左右されませんし、着こなしもそれ程難しくなりません。服を買っても着ることが無く、断捨離を検討する羽目になってしまうのであれば、シンプルな服を選ぶようにしてみると、無駄な服が出にくくなります。

服は大切な資源

服に使われる布や繊維などは貴重な資源から作られています。地球の資源は無限にあるように感じますが、有限です。今はリサイクルなどもありますが、服によってはリサイクルの難しいものもあります。着なくて処分することになった服も、誰かが時間をかけて貴重な資源を使って作られた服です。

Tシャツ1枚でも人の力や地球の資源の力が使われています。ファストファッションであっても服1着には沢山の人や資源が関わっています。それに洋裁が得意でないと自分で服を作るのは困難です。それを自分の代わりにやってくれる人や会社があるということも、忘れてはいけません。

シンプルイズベスト

流行のファッションが出来てもすぐに廃れてしまいます。それもなかなか着こなしや着回しが難しいと、タンスの肥やしになってしまいます。流行とは業者関係が服を売るために作っているという話もあり、言い方が悪いですが、流行に左右されていては単に、業者に搾取されているだけになってしまうこともあります。

流行を楽しみたい、流行の服を着て幸せを感じるのであれば、それを噛みしめるのもいいですが、あまり好きではないのに何となく流行っているからという理由で、安易に服を選ばないようにしたいですね。流行の服が悪いとは言いませんが、好きになれない場合は無理して着る必要はありません。

流行とは移り変わりが激しく、何かが流行るたびに服が増えていきます。服の枚数が増えてはタンスも圧迫し、断捨離をしなければならなくなってしまいます。それを防ぐには服はシンプルなもので揃えるのがベストです。流行りもありませんし、どこに着ていっても大丈夫です。

奇抜や服などでゴテゴテ着飾るよりもシンプルに着飾るほうがスッキリしますし、十分おしゃれに感じます。それにゴチャゴチャしたデザインの服やカラフルな服は視覚的にも負担を与えます。着回しも難しく変わった服を増やせば増やすほど、タンスに服が増えてしまいます。

本日もお読み下さり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする