コレクションをするのなら、本当に好きなものを数点選ぶ

ミニマリストになるには、コレクションをしてはいけないのかと感じる事もあるかもしれませんが、決してそうではありません。自分が本当に気に入ったものを数点集めるなど、数を絞って本当に心から好きなものを集めるようにできれば、コレクションは出来ます。ものは多ければ多いほど、1つ1つに愛情を注げません。逆に少なくすれば1つ1つに対して愛情を注ぐことが出来るようになります。

本当に好きなものだけを少しだけ集める

ちょっといいな、あるといいな、なんとなく欲しいとしか思えないものは、後々高確率で不必要になってしまいます。ちょっとした買い物欲で買ったものは大した愛情をかけることが出来ません。たいてい買って満足してそのままということが多いです。

コレクションをしたいのであれば、価格関係なしに心から本当に気に入ったものを集めるようにしてみてください。あれがほしいと思っても、冷静になって本当に欲しいのかどうかをじっくり時間をかけて考える時間が必要です。時間が経てばやっぱりあれがほしい、やっぱりいらないと割りと冷静に判断することが出来るようになります。

売り切れてしまう、無くなってしまう恐れがあるかもしれませんが、最近はオークションやフリマアプリなどでよほどのレア商品じゃない限り、少し探せば比較的簡単に手に入ります。値段が上がってしまうこともありますが、買いたいものは買いたいと思った時に買うのが買い物です。

数を決める

ごちゃごちゃとアレもこれも集めていては、せっかくのコレクションもデザイン性などが活かせません。集めるもの1つ辺りの購入限界量を決めるのが大切です。例えばキーホルダーは5つまで、ぬいぐるみは5体まで、フィギュアも5体までというように、買う量を予め決めておいてください。

5つじゃ少ないと感じるかもしれませんが、新たに欲しくなった時はその5つの中からいらないものを処分していって、入れ替えていきます。もし入れ替えができないのであれば、新たに買うのは待つのがいいでしょう。5個から6個だとたった1個しか増えず、大した事無いように思うかもしれませんが、一度ルールを破ってしまうと、6個から7個、7個から8個と言うようにちょっとずつ個数が増えてしまいます。

ミニマリストとコレクションを両立させるためには、個数の指定は必要です。本当に大事、心から愛しているものを身近においておけば気分も上がるし、ウキウキとした気分になれます。案外心から愛せる物はとても少ないです。そのとても少ないものを身の回りに固めていくことが大切です。

本日もお読み下さり、ありがとうございます。

コメント

  1. […] ☆関連記事☆ コレクションするなら、本当に好きなものを数点選ぶ […]