断捨離中の買い物で失敗した時は反省を次に活かす

断捨離中でも全く買い物をしないということは難しいです。最低でも食べ物を購入しなければ、生命の維持が難しくなってしまいます。断捨離中に服を買い替えたくなった、持ち物を変えたくなったなど、日常使いの持ち物をもっと良いものにしたくなるときがあります。

買い物の失敗にこだわらない

断捨離しているからと言って物を買ってはいけないという決まりは無いので、買い替えたいのであれば素直に心に従ってみてください。しかし時には最初はよいと思って買ったのに、気に入らなかったという時もあります。

断捨離をして、物を慎重に選ぶようになったのに、買い物をミスするとショックを受けますよね。しかし物は所有して使ってみるまで使い心地が完全に分かるとは限りません。私も良いと思って買ってもお気に入りにならないものは数多くありました。

買い物が上手になるためには、失敗した時に反省をして次に活かすことが出来るかどうかが重要です。良かったと思ったけれど合わなかったものは、次から買わなくなりますよね。何でもそうですが上達するためには何かしら失敗やリスクは避けて通れません。

買い物することで買いたいという欲は収まる

例えば時計がほしいと思ったけれど、買うかどうか悩み続けると悩むことに疲れてしまいます。やっぱり要らないと思いつつ、なぜか気になるのでなかなか諦めることが出来ません。

断捨離は物を減らして必要なものに絞るためのものですが、新たに自分に合うアイテムを買うのは悪いことではありません。持ち物をレベルアップさせたい時は、必然と今まで使っていたものよりもランクアップしたものを買いたくなります。

買いたくて仕方がない時は、何かしらあなたにメッセージがあってそうさせている可能性が高いです。それを買うことにより新たに何かを学んだり、新たな何かが始まったりと何かしら、あなたにとってプラスになる出来事があるはずです。マイナスに見えるようなことでも、そこから何かしらの学びがあります。

しかし安易な買い物は良くありません。ちょっといいなと思うものが欲しくなる時がありますが、そういうのは買ってしまうと満足してしまうものがほとんどです。ちょっといいと思うだけのものは、その時欲しくなってもあまり買わないようにするのが無難です。後々飽きて処分することになるかもしれません。

買い物に気を使うようにすれば、買い物は上達する

断捨離始めたから、ミニマリストを目指したからと言って、いきなり買い物が上手くいくようにはなりません。時には要らないものも購入してしまうこともあるでしょう。失敗するとお金が無駄になったように思うかもしれませんが、次から買わなくなったり、買い物に慎重になろうと思うようになったりと、買い物への意識が変わっていきます。

買い物が上手くなるためには、普段から買い物を慎重にするようにしてみてください。食品など身近なものでも、今必要かどうかをよく考えて購入してみてください。あれこれ気持ちの赴くまま衝動買いするのを辞め、買い物一つ一つに慎重になれば、買い物は少しずつ上手くなっていきます。

本日もお読み下さり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする