次々欲しい物が出て、買い物に疲れた時に大切なこと

世の中は物やサービスに溢れ、ついあれもこれも購入したくなってしまいますが、物欲の赴くままに買い物を続けていていも、キリがありません。物欲は無限で、Aを手に入れたらBがほしいというように、次から次へと買いたいものが出てきます。

私もかつては、次から次へとほしい物が出て、買い求める日々を過ごしていました。でも、いくら買ってもほしい物が無くならないので、満足すること無く、そんな中知ることになった断捨離によって、物欲は次第に落ち着くことが出来ました。

断捨離を知らなくても、物欲はちょっとした日々の心がけで、落ち着かせることができます。

苦しい辛い感情が出る買い物は止めたほうが良い

買い物をする時に、負の感情が出てくるのであれば、その買い物をするのは控えるのをおすすめします。私の経験からしても、負の感情を持ちながら買ったものに、良いものはありませんでした。

世の中には新商品がたくさん出てきます。人気商品であれば派生の商品が雪崩や滝のように発売されていくので、全部買おうと追いかけても追いつくことは難しいです。

好きなキャラクターグッズ、骨董品などは、多くても両手で数えるくらいの数でベストなのです。物は多すぎると管理できなくなります。

物は買っても飽きる

物を買ったばかりであれば、新鮮さでウキウキしますが、次第にそれが当たり前になっていき、飽きてしまいます。

飽きたからまた物を買うというのを繰り返していくと、段々と家に物が増えていき、片付けが億劫になってしまいます。

処分するにしても一度所有したものは愛着がわくので、何かと理由をつけて家に置いておくことを選択しがちです。

生活に必要なものは飽きない

パソコンやスマホなど、生活に密着しているものは、いくら長く持っていても飽きることはありませんよね。

新しい機種が欲しいと思うことはありますが、スマホに飽きたという感情を持つことは殆ど無いはずです。

長く所有し続けても飽きることのないものは、今の生活にとって重要なものです。

買い物をする時は今の生活に重要かどうかを自分に問いかける

買い物をする時は今本当に必要かどうかを、確認することが大切です。買い物はするのは簡単ですが、買った物をいらなくなった時に処分するのはエネルギーが必要です。

私は常に、これは今の生活に必要なのかどうかを考えながら、買い物をしています。必要と感じないものは買いません。無駄な物を買うのなら、そのお金を好きなものに回したいという事もあります。

特に欲しいかどうかは微妙だけど、何となく欲しい物は、買ってもすぐに飽きます。買う時に心がときめかないものは、初めから欲しいと感じていません。

無駄な買い物は良くないけれど、慎重になりすぎない

買い物に慎重になりすぎても、疲れてしまいます。時には、どうしても欲しいと思うものを購入してみる経験も大切です。それで、もし外れたとしても、自分には合わないものだったと学ぶことができます。

買ったものが合わないと、愚痴を言いたくなってしまいますが、そこから学んで次に活かせば良いのです。失敗を防ぐのではなく、失敗をしてもそこから学んで行くことのほうが、遥かに大切です。

見栄で購入しようとしていないか

物は好き嫌いよりも、持っていると自慢できる等、他人の目にどう映るかで、購入すると上手くいきません。一時的に満足はしますが、すぐに物が不必要となります。

人に自慢するために買った物の賞味期限は恐ろしく短いです。人に自慢するよりもまずは、自分にとって最高の物を買うほうが心も満たされ、元気になれます。

買い物は楽しく

基本ですが、買い物は楽しい気持ちになってするのが何よりも大切です。ワクワクした気持ちはいい物を引き寄せます。

物の値段は関係ありません。アナタが幸せな気持ちになれるものを選ぶのが大切です。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする