今経験していることは、過去に蒔いた種が芽を出したもの

今の思考が未来に影響を与えていきます。今苦しい、嫌な思いをしているのなら、過去にそのような思考をし続けたのが一つの原因になります。

理不尽な出来事こそ、自分はそんな事を望んでないと思いがちですが、少なくとも出来事の半分は、自分が原因として起こっています。

とにかく今起こってい出来事は、私達が過去に望んでいたことです。もし嫌な出来事があるのであればそれは、過去のネガティブな思考が共鳴して起こった可能性が高いです。

自分の撒いた種は思わぬ形で返ってくる

良いことも悪いことも、その出したエネルギーと同じものが返ってくるとは限りません。お金を出せばお金が戻ってくる事もあれば、そうでない時もあります。

そのお金に相当する物であったり、素敵な経験であったりすることもあります。だから、お金を出したのにお金が返ってこないとガッカリしては、その返ってきている物や経験に気づかないまま過ごしてしまうことになります。

悪い出来事が起こった時は、過去を反省してみる

悪いことが起こる時は、過去に悪い種を蒔いているのだと私はふと気づくことができました。なぜなら悪いことがある時はいつも、過去に何かしら良くない言動をしていたからです。

その時は何とでもないと思っていたことも、時が経てばとんでもない嫌なことをしてしまったと感じることがあります。悪い出来事は悪いことをしていますよという合図。そこから省みて次に生かしていくものです。

良いエネルギーを受け取り続けたいのなら、小さな良い出来事にも喜ぶ

とにかく小さな事でもいいので、日常の良かった部分、嬉しかった部分をゲーム感覚で探してみるのをおすすめします。悪い部分に目が行きがちだと最初は難しいかもしれませんが、とにかく少しでも良いところを見つけていきます。

ジュースを奢ってもらえた、笑顔で挨拶された、ちょっとしたふくびきに当たったなど、小さな良いことに多少大げさでも良いので喜んでみてください。

小さな良いことは見逃しがちかもしれませんが、小さくても良いことが起こるというのは、エネルギーの流れが良くなっているからです。

植物に例えると、芽が出た状態ですね。そのまま良いことの芽を育てていくように、更に良いことを小さな事でもいいので探していくのです。

良いことがあると、昔に蒔いた良いエネルギーが返ってきているよという合図です。良いことを見つめると良いことが拡大していきます。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする