辛いときこそ、周りに感謝して生きる

辛いときこそ、周りに感謝して生きる

人生にはしばしば辛いことが起こりますが、そういう時こそ身の回りにある物や人に感謝をしているか、改めて見直してみてください。人生には感謝が多ければ多いほど、安心して過ごしていくことが出来るようになっています。

大切なものをこよなく愛する大切さ

大切なものをこよなく愛する大切さ

断捨離やミニマリストなど、物を絞って自分が大切に思えるもので生活をする人が増えています。多すぎる物は家をゴチャゴチャさせてしまいます。物は少なければ少ないほど愛着を持ちやすいです。どんな物でも両手で数えるくらいあれば丁度いいと私は思っています。

自分は無価値だと思う時

自分は無価値だと思う時

しばしば生きていると自分には価値が無いと感じるときがあります。人に認められると思ったのに認められなかった、仕事を頑張っていたのにリストラされたなど、世の中には理不尽な事が沢山あります。そんな時自分に無価値感を感じてしまいますが、考え方一つでその思考は弱めることが出来ます。

人に愛を求めるよりも自分を愛しよう

人に愛を求めるよりも自分を愛しよう

自分のことを嫌いなままでは、人に好きになってもらえません。仮に好かれるかもしれませんが、それは長続きしません。自分のことが好きでないと人に合わせてしまうため、いつも疲れてしまうことが多くなります。恋愛でも相手の機嫌を取ることばかり考えてしまい、疲れてしまいます。

孤独を感じてしまう時

孤独を感じてしまう時

友だちが少ない、話をする相手がいない・・・そんな時は孤独を感じ、人生が絶望的になってしまう時があります。しかし案外、孤独なのは思い込みである場合もあるのです。孤独だと感じているときこそ、人と近づいてみてください。

幸せになるには、周りのものに感謝してみる

幸せになるには、周りのものに感謝してみる

幸せを感じられない、辛いことが多いと感じる時こそ、どんな小さなものでもいいので、周りのものに感謝してみてください。ボールペン1つティッシュ1枚といったちょっとしたものでも、無ければ文字を書いたり鼻をかんだりすることはできません。どんな小さなものにも役割はあります。

幸せになるには周りの人も幸せにする

幸せになるには周りの人も幸せにする

幸せになりたいと思うのであれば、周りを差し置いて自分だけ幸せになろうと思い行動すると、幸せから遠ざかってしまいます。幸せと縁がありたいのであれば、自分の周りの人をまずは幸せにするように、心がけてみてください。