相手の顔色を気にしすぎて恐怖を感じてしまう時

相手の顔色を気にしすぎて恐怖を感じてしまう時

他人と行動をしたり、生活をしたりしていると、一緒にいる他人の顔色を気にしてしまうことがあると思います。人と一緒に行動をする時は相手のことも気遣う必要がありますが、あまりにも相手の顔色を気にしすぎて、恐怖を感じてしまう状態になっては、あなたにとって良い状況ではありません。

何度も同じ行動を繰り返してしまう|強迫性障害について

何度も同じ行動を繰り返してしまう|強迫性障害について

強迫性障害とは戸締りをちゃんとしたか何度も確認したり、手に細菌がいると思って何度も手を洗ってしまうなど、何度も同じ行為を繰り返してしまう事です。私も水道の蛇口がきちんと閉まっているのかが気になり、何度も確認をしてしまいます。大丈夫だと分かっているのに、頭のどこかで何となく納得できなくて、同じ行為を繰り返してしまいます。

心の重荷になることは、早めに解消するのが大切

心の重荷になることは、早めに解消するのが大切

人生とは執着すればするほど、辛くなるものです。そのためいつまでも心の重荷になることは、早めに対処しなければ生きづらくなってしまいます。例えば恋愛など、相手が音信不通になってしまった場合、連絡を待ち続けて毎日辛い思いをしてしまうこともあります。

断捨離がなかなか出来なくて悩む時

断捨離がなかなか出来なくて悩む時

断捨離をしようと思っても、なかなか取り掛かれなくていざ始めようと思っても、不用品の山を見るだけでやる気を失ってしまうことは多いです。いざ始めてもなかなか捨てることが出来ず、物を整理して終わってしまうこともしばしばあります。断捨離を始めてやるのであれば、物を沢山処分することに抵抗があることは当たり前です。

服の断捨離は減らしすぎないこと、必要な服の枚数は人それぞれ

服の断捨離は減らしすぎないこと、必要な服の枚数は人それぞれ

断捨離で一番頭を悩ませるのが服の断捨離ですが、慣れれば一番断捨離しやすい物であります。なぜなら少量でもかさばるため、枚数を減らせば減らすほど部屋の空きスペースが増えるからです。しかし、いきなり減らしすぎては快適な生活から遠ざかってしまう恐れもあります。

ミニマリストになるにはどうすればいいのか

ミニマリストになるにはどうすればいいのか

最近はミニマリストと呼ばれる、物をあまり持たないで暮らす人が増えてきています。最終的にはトランク一つで生活できるほど、荷物を絞る人もいます。淡々と日常を過ごしている身から見てそういう人たちは清々しさを感じ、時には似たような生活をしたくなることもあり、ミニマリストになるにはどうすればいいのかを、模索することもあるでしょう。

お金持ちになったり、成功しなくても幸せになれる

お金持ちになったり、成功しなくても幸せになれる

幸せとはお金持ちになったり、何か成功したら幸せになれると思っていますが、それらは少しの間幸せな気持ちにさせてくれるかもしれませんが、案外それらの幸せは長続きしません。誰しもお金持ちになりたい、成功したいと願いますが、それが本当に真の願いかといえば、決してそうではありません。

愚痴、不満、恨み言などは自分に返ってくるので、極力言わない

愚痴、不満、恨み言などは自分に返ってくるので、極力言わない

嫌なことがあるとつい愚痴を言ったり、不満などを周りに撒き散らしてしまうことがありますが、それらの行為は自分を不幸にしてしまいます。 愚痴などは一旦言い出すと止まらず、ずっと連鎖していきます。しかも自分が不幸のヒーロー、ヒロインになったつもりになり、何となく愚痴を言っている状況が快適に感じてしまうこともあります。