潜在意識を活かすには、少しずつ言葉に気をつけていく

潜在意識、引き寄せの法則を活かすには、普段からの言葉遣いも大事になってきます。普段からマイナスの言葉を使っていると、それに慣れてしまいつい、口に出してしまうこともあるかもしれません。

言葉は毎日使っているものが口癖となります。いい言葉は良いことを引き寄せやすくなり、悪い言葉は悪い言葉を引き寄せやすくなります。

口癖はなかなか変えれないと思いますが、少しずつ意識して言葉を変えていけばやがて、自然に言葉に出すことが出来るようになります。

他人に対していった言葉は自分が一番身近に聞いている

他人に対していった言葉は、他人よりも自分が一番近くで聞くことになっています。

自分の耳は他人の耳よりも近くにあります。だから自然と一番側で聞くことになってしまいます。

他人に対して暴力的な言葉を言った瞬間はスッキリするかもしれませんが、間もなく嫌悪感など何とも言えない感情が胸に渦巻くはずです。

暴力的な言葉は聞いた他人も傷がつきますし、言った本人も無意識に言葉により傷ついてしまいます。暴力的な言葉、悪い言葉は言い続けることで、言っている本人に悪影響を与えてしまいます。

買い物した後にありがとう

私はある本を読んでいて、買い物した後に「ありがとう」というと金運が良くなる、またお金が自分の所に循環してくるなどという情報を知り、それから買い物した後に「ありがとうございます」ということを心がけていきました。

最初の頃は違和感があり、恥ずかしさもありました。もともと人見知りで、道に迷った等そういうことがない限り、あまり人に話しかけることもありません。

それでもお金まわりを何とかしたくて、恥ずかしくてもいい続けました。そうしているうちに言うのが自然となり、今ではスルっと自然に言葉に出せるようになりました。最初に感じた違和感や恥ずかしさも何処かへ消えていました。

レジが混んでいる時などは言えないこともありますが、9割以上の買い物の後で言うことが出来るようになりました。

始めはお金まわりを目的に、「ありがとうございます」を言っていましたが、今では買い物できたことに対し、ありがたさを感じながら「ありがとうございます」というようになりました。

金運からはじめたことですが、いつの間にか金運よりも、買い物できて有り難いという気持ちがわくようになり、そして自然に「ありがとうございます」を言っています。

言葉を変えると自然といい言葉を使えるようになる

いい言葉を使うようにしていくと、最初は慣れないかもしれませんが、段々と自然にいい言葉を言えるようになってきます。

時にはネガティブな言葉、悪い言葉を言ってしまうこともあるかもしれませんが、続けているうちにそういう言葉も減ってきます。

いい言葉を使おうとしていると気に、ネガティブ発言をしてしまうと、「これではダメだ」と自己嫌悪してしまうかもしれませんが、そこで自分を責めてしまってはストレスが溜まります。

慣れないうちは少しでもいいので、言うようにしていき、徐々にいい言葉を増やせばいいのです。

本日もお読み下さり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする