断捨離後の心の痛み|時折捨てたものを思い出してしまう

過去に断捨離をして以来、私はあまり物を買う機会が少なくなりました。掃除はするけれど断捨離はしなくても大丈夫だという状況で過ごしています。

しかしふとした瞬間に、無駄に買ってしまい捨ててしまったもの、捨てなくて良かったものを思い出し、心が痛くなってしまうことがあります。

その心の痛みを感じたからこそ、今の持ち物やこれから手に入れるものを大切にしていこうと決めることが出来ました。

昔は物で溢れていたが、断捨離を知り自分が変わって行った

溢れていたといっても部屋の中で足の踏み場も無いほど、沢山物があった訳ではありませんが、使わないのに買ってしまったものが多くありました。

昔は物を持っていても満足できず、新しい新製品が出たらそれを求める日々でした。その頃は自分が本当に欲しいと思うよりも、所有欲を満たすために買い物をしていることが多かったです。

しかしそんな中、たまたま行った本屋で断捨離の本が売られているのを見つけ、無駄なものを持ちすぎていることに気がつきました。

それから不要なものを処分したり、オークションへ出したりと少しずつ整理をし始めました。

最初の頃は少しムキになってしまい、別に処分しなくてもいいものまで売ったり捨てたりすることが多かったです。

どれくらい処分したらいいのか、どれを処分したらいいのか分からなかったため、とにかく納得行くところまで減らそうと行動をしていました。

処分した物への思い

物を処分してもう数年になるのに、今になって昔処分した物のことを思い出します。

断捨離は時には思い切って、捨てるという行動をしなければ挫折してしまうことがあります。だから、断捨離中はとりあえず今いらないものは処分していこうと、いう気持ちで取り組んでいました。

そのため、がむしゃらに物を処分してしまった事もあります。今思い返せば、処分したことを後悔している物もあります。

しかしその後悔という痛みを経験したから、今自分に縁がある物、これから縁がある物に対して、「大切に扱おう」「本当に欲しい物を選ぼう」という気持ちを強くさせてくれました。

断捨離したおかげで、物と真剣につきあえるようになり、いらないものを沢山求めることは無くなりました。

物とはうまく付き合う

今は物よりも、電子書籍やストリーミング映像等、実体の無い物が主流となり、物を持つ機会が年々減って行きつつあります。

私は物も人生のパートナーだと思っています。なぜなら生活するには物は欠かせませんし、適切なとき適切な物があるおかげで、快適に生活が出来るからです。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする