お金があれば問題が解決できるでは、お金の悩みから抜け出せない

世の中には、お金があれば大抵の悩みや問題は解決するように思えます。しかし、その思考でいては、お金があれば悩みや問題が解決できるという世界観から抜け出すことはできません。

お金があれば、食べ物も服も買うことが出来ますし、行きたい所にも行けるし、ほしい物も買えます。しかし、それらは全てお金があるから前提で手に入ると思っていると、お金が無くなってしまったら何も得られないという恐怖を味わうことになってしまいます。

確かにお金は大切ですが、お金に重きを置きすぎると、お金が無い時に辛い思いをすることになります。場合によりお金が命よりも大事に扱われる時もありますが、基本はお金よりも自分の命のほうがはるかに大切です。

「お金さえあれば」の思考はずっとその状態をキープしてしまう

お金さえあればいい服が買える、お金さえあればいい家に住める、お金さえあればほしい物が買える等、今の世の中で暮らしていると、「お金さえあれば」のフレーズのオンパレードになってしまいます。

実際私も経験済みですが、お金があればちょっと高級なバターを買おうと思っていても、実際お金を手にしてもちょっと高級なバターを即決で買うことは出来ませんでした。

「お金があれば」というフレーズが浮かぶのは、今お金を十分に持っていないから、お金を求めているからです。不足感から来ている思考のため、いざお金を得ても失う恐怖のほうが大きくなります。

「お金があれば」から少しお金を得ても、自分が満足する額でなければ、まだ足りない、もっとお金がなければという思考になっていきます。そうしてまた、「お金があれば」の思考を繰り返してしまいます。

「お金さえあれば」で欲しい物は、対してほしくない物

お金があれば買おう、お金があればほしいという物は、実は対してほしい物ではないのです。人は本当にほしい物を見た時は、体に電撃が走るくらいの衝撃が走ります。また、ワクワクの気持ちが浮き上がってきます。

本当に欲しい物は、何が何でも優先的に手に入れたくなりますよね。限定品などの場合、販売数時間前に列に並んだりするのも、それ程苦ではないはずです。

体に衝撃が走らない、ワクワクしない、でもなんとなく欲しい、では買った当初はいいかもしれませんが、いずれすぐに飽きてしまいます。そのため、逆にお金がなくて買えない状態は、無駄遣いという行動を抑えてくれる効果もあります。

「お金さえあれば」をやめた

私は「お金さえあれば」のフレーズを使うのを辞めました。なぜなら、「お金さえあれば」と言い続けることは、お金が無いとほしい物が手に入らないと、いうことになってしまうからです。

物はお金を介さず、人を介して手に入ることもあります。またそれ程お金に負担をかけずに手に入ることもあります。

「お金さえあれば」はほしい物の入手手段を減らしてしまいます。ほしい物を手に入れるルートは無限にあるのです。お金と交換しなければ手に入らないと思い続ければ、お金が無いと物が手に入らなくなってしまいます。

「お金が無い」状態でもプラスにとらえる

「お金が無い」はあまり感じたくない感情かもしれませんが、物事はどんな事でも表裏一体なのです。だから出来事や状態は考えようによって、良いようにも悪いようにもとちらにもなります。

「お金が無い」は絶望的な気持ちになりますが、そこでその気持に流されていては、気分が悪くなるだけでいい事はありません。

「お金が無い」状態でもプラスになることを見つけていくことが、事態を好転させるきっかけになります。

少ない予算でいかにおいしい食事を作るか楽しんだり、お金を使わなくても楽しめる趣味を探したりと、お金がなくても出来ることは山程あります。

お金が無いから新たに稼ごうという気力を得たり、お金が無いから今買うことの出来る食材に感謝することが出来たり、「お金が無い」からこそ、知ることが出来ること経験できることも必ずあります。

「お金が無い」状況にフォーカスすると、拡大する

「お金が無い」に思考がフォーカスすると、「お金が無い」という状態は拡大していきます。お金が無い=絶望的=辛いと負の連鎖を繰り広げてしまいます。

嫌なことを考えると、それを経験していないのにもかかわらず、嫌な気持ちになってしまうものです。お金が無くて辛いのなら、一旦その問題は保留してみてください。

嫌なことを考えていていい気持ちになる人は居ないでしょう。またお金がなくて嫌な思いから行った行動は、良い結果を生みません。そういう心境で就職しても、良くない会社だったり、仕事が上手く行かなかったりと、すぐ辞めたくなる状況になってしまいます。

お金が無いから嫌々仕事をする状態も好ましくありません。仕事は辛く苦しいものって思い込んでいる人も多いかもしれませんが、仕事は楽しくやっても良いのです。また嫌々やることは、仕事以外の事でも非効率で、心から楽しんでやっている人に敵いません。

少しでも良いので、お金の悩みから離れる、お金の悩みを手放す事が大切です。悩んでいる間は思考も暗く、行動力も出ません。悩めば悩むだけ、それが重荷になってしまいます。

悩むのをやめれば、自ずとやりたい事、やるべきことは見えてきます。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。