この世の全ては借り物、自分の物でも借り物

この世の中にあるもの全ては借り物で出来ていて、たとえ自分の稼いだお金で買ったものであっても、それは一時的に自分の手元へ行ったものであって、どんなに大切なものであってもいつかは、手放さなければなりません。

財産等が沢山あったとしても、自分が亡くなってしまうと所有することは出来ません。親族に相続したりと後に生きる人たちが引き継ぐことになります。

この世にあるものは全て借り物です。そして、その借り物は全て奇跡でできているのです。

借り物だと気づけば、もう必要なものは持っていた

身の回りのもの、自分の体でさえ神様からの借り物です。行きていく上で自分のもの、人のものという線引が必要な場面もありますが、「~のもの」であることに固執しないことも、大切です。

世の中を普通に生きていると、「大金がないと幸せになれない」「あれを持っていないと幸せじゃない」など、お金の有無やモノの有無で幸不幸を判断される部分が、非常に多いです。

しかし私は、この世の中のものは借り物だと気づいた時、それらの考えから開放され、気持ちが楽になりました。

今あるものが借り物であるのなら、別に無理をして必死に物を集めたりする必要はないなと、そのとき思いました。借り物はいくら集めても借り物だからです。

借り物だからこそ大切にしたい

借り物と聞くと、何となく残念な気持ちになるかもしれませんが、借り物であるからこそ身の回りのものは、大切にしたいものです。

学校の先生からの借り物、会社の上司からの借り物、友達からの借り物は、大切に扱おうという気になりますよね。

人からの借り物はいい加減な扱い方を出来ないですよね。自分の持ち物以上に大切に扱おうと思う人もいるはずです。

自分の物だとついいい加減に持ち物を扱ってしまう人は割といると思います。でも、なぜ人のものなら大事に扱うのに、自分の物はいい加減に扱ってしまうのでしょうか。

いい加減に扱ってしまうと、物は壊れやすくなります。物も縁があって自分の元へやってきます。だから、少しでも大切に扱いたいですよね。物にもタマシイが宿ります、だから大切にすればアナタに応えてくれます。

自分の物も、人の物も同じ、借り物です。それらも縁があってやってきました。だから物との縁を大切にして、日々扱っていきたいものです。

物への執着や粗雑な扱いは、運気を下げてしまう

物への異常な執着心や、物への粗雑な扱いは、すぐには分かりませんが、後々運気を下げることになってしまいます。

断捨離を知るまで恥ずかしながら、私は物に執着していたり、物を買っては溜め込み使うこと無く処分する羽目になることも多かったです。

でも、それらを繰り返していたら、段々と運気が悪くなってしまいました。金運や健康運などが全て下がっていったように感じました。

原因には他の要因もあるのですが、執着心や粗雑な扱いをしている時の波動はマイナスに傾いています。

マイナスの波動を出すとマイナスの事が引き寄せられてきます。引き寄せられるにはタイムラグがあり、形を変えたマイナスの出来事などが時間が経ってから襲ってきます。

上にも書いた通り、物にもタマシイが宿ります。100円で買ったものでも、宝石でもそれは同じです。値段や価値によって変わることはありません。

皆様には私と同じ目にあってほしくありません。少しでも今あるものを大切にしてください。今恩恵を受けているものを大事にしてください。いらないものを衝動買して処分するようなことをなるべく控えてください。

日々の感謝が大切

人生最悪な状態にならないと、分からないことも沢山あります。失ってから有り難みが分かることがこの世には数多くあります。

とにかくどんな状況でも、今あるものを感謝してみてください。家があることに感謝、パソコンが有ることに感謝、食べ物があることに感謝…アタリマエのことであってもそれは奇跡なのです。

災害で突然家がなくなるかも知れない…食べ物も天候等によって高騰したりするものもあります。昨今は白菜が高騰して、店によっては高い所で一玉1000円位するものもあったそうです。

当たり前に思えていることは、状況によっては当たり前では無くなってしまいます。今この瞬間に感謝してください。今太っていても無職でも病気でも関係ありません。

今どのような状況であれ、今を感じ今を感謝し今を生きていってみてください。

関連記事
この世の全ては借り物、お金も物も借り物

本日もお読みくださり、ありがとうございます。