引き寄せのインスピレーションがやってくる時

引き寄せの法則を実感する時に、インスピレーションに従った結果、自分の望む情報を得たりすることがあります。

今回はどういう時にインスピレーションがやってきやすいかを、私の経験を踏まえてお伝えしていきたいと思います。

インスピレーションがやってきやすい時

リラックスしている時

アイデアを思い浮かべる時、あれこれ唸って考えている時よりも、リラックスしている時の方がフッといいアイデアが浮かぶことがあります。

リラックスしているのに何も思い浮かばないのは、体が緊張していたり、まだ力んでアイデアを探そうとしています。あれこれ考えているうちは、有力な答えをひらめいたりすることは出来ません。

なにかインスピレーションを得たいのであれば、願いたいことなどを忘れて、何も考えない時間を作って体の力を抜いてリラックスしてみるとよいです。

歩いている時・動いている時

散歩やウォーキングをしている時は、いろいろとアイデアが浮かびやすくなります。私もウォーキング中楽しい考えが浮かんで、楽しみながら歩いていた時期がありました。

ウォーキングは体の健康にも良いので、日頃から習慣に取り入れるのもいいですが、無理やりやるのは挫折の原因にもなります。

「歩かなければならない」と思いながらやるのではなく、「歩こう」と気軽にやるのが良いです。それに気が乗らない時は、休んでも大丈夫です。

また何かしら動いている時もインスピレーションを得やすくなります。特に無心に掃除をしている時は、思考がクリアになるので、ゴチャゴチャと雑念が浮かんでしんどい時におすすめです。

突然得るときもある

出かけている時など、突然あるアイデアが浮かんだり、ひらめきを得ることがあります。

私は最近車ででかけていた時、目的地に着いて車を降りようとしていた時、あるひらめきを得て、それについてネットで調べてみました。そうすると私に必要な情報が、調べて出てきたサイトに書いてありました。

インスピレーションを得ようと力まない

インスピレーションを得ようとあれこれ行動しても、なかなかいいひらめきは得れません。顕在意識ではなく、潜在意識が自動的に探してくれるのを待つのです。

情報を探す時も必死でやるのではなく、何気なく見ていて気になって探していた時に偶然、欲しい情報が入ってきたりします。

好きなこと、楽しいことをする

今好きなこと、楽しいことに全力で取り組んでいってみましょう。遊びや休息ばかりでは良くないと思われがちですが、やりたいだけやって納得できればそれで良いのです。

世間で言われる良し悪しよりも、今アナタが思うことを優先でやってみてください。

何も出来ない時は、嫌なことを考えない

もし好きなことが出来ない、やる気が出ない等であれば、嫌なことを考えるのを辞めるだけでも大丈夫です。嫌なことや心配事を考えていても楽しくないし、憂鬱感が増すだけです。

心が沈んだ時は、気持ちをニュートラルにもっていってみましょう。考えるのを辞めるのは難しいと思いがちですが、嫌なことを考えそうになったら、考えを切り替えることを続けると、やりやすくなります。

自然に身を任せればインスピレーションはやってくる・願いも叶う

引き寄せの法則と同じく、インスピレーションも執着無くリラックスしている時にやってくることが多いです。

即ちインスピレーションを得れるということは、引き寄せの法則を使うことが出来るのです。

引き寄せの法則で願いが叶う時は、インスピレーションがやってきたように、ある日突然叶うということはよくあります。

トースターでパンを焼く時、まだ焼けないのかなと気にし始めると、トースターを何度も開けてみたりしてなかなかパンが焼けません。

引き寄せもインスピレーションも、いつ叶うのかな、いつやってくるのかなといつも考えていると、パンが焼けなくてトースターを何度も確認している状態と同じになってしまいます。

カップラーメンも出来るのをじっと待つと、時間がかかるように感じますが、別のことをしながら待っているとあっという間に出来上がりの時間になります。

引き寄せもインスピレーションも、カップラーメンの出来上がりを待つように、何か別のことをしながらやってくるのを待てば、タイムラグも楽しみながら過ごすことができます。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンクと関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする