潜在意識、引き寄せの法則で願いを叶えようとしてから、自分らしさを失っていませんか?

潜在意識、引き寄せの法則で願いを叶えようと、色々メソッドをやっていても、心が満たされない時があります。

私も潜在意識を知ってから間もない頃は、アファメーションなどを続けているのに、心の底が何故か満たされていない気持ちでいました。

メソッドは大事ですが、やりたくない時に無理やりやるのが億劫に感じるメソッドを無理にしても、効果は薄くなってしまいます。引き寄せで肝心なのは、今感じる素直な心を最優先することです。

潜在意識に関する知識は多くなくてもいい

私は潜在意識を知った時、どうしても願いを叶えようと躍起になり、あらゆるサイトを読み漁っていた時がありました。その当時は完璧に必ず願いを叶えたいという気持ちが強すぎたと思います。

本やサイトに書かれているメソッドをガチガチにしたからと言って、願いが叶うとは限りません。そのメソッドが自分に合わないと続かなくなりますし、メソッドをやらなければ願いが叶わないと言った、観念が出てきて願いが叶いにくくなってしまいます。

しかし、メソッドはある程度やってみないと自分に合うかどうか分かりません。これならできそう、これなら続きそうとピンと来たものを、やってみてください。

最近の私はメソッドをそれ程重要視していません。やらなければならないという義務感を持ってしまうと、潜在意識からの合図を受け取りにくくなります。

また情報も、自分が良いと感じたものを何度も繰り返し読んだりして、あまり新しい知識を入れないようにしています。そんな時でも偶然に自然に昔買ってちょっと目を通した本を読みたくなり、ピンとひらめきを得たこともありました。

それは、世界一! 愛されて幸福になる魔法のプリンセス レッスン (PHP文庫)という本です。一度すらっと読んでたのですが、読んだ後はしまい込んでいました。

それが急に気になって偶然開いたページを読んでいると、なるほど!と腑に落ちたページが有りました。最初読んだ時はそれ程心に残こらなかったのですが、本も2度3度と読み直すことにより、新たにひらめきを得たりすることもあるのだなと確信しました。

無理を感じるメソッドはやめてみる

メソッドで有名なものに199式というものがあり、それは1日中アファメーションを言い続けていれば願いが叶うというものです。

私も一時続けていた頃がありましたが、延々とアファメーションを言い続けるのは普通の生活をしていると、なかなか難しいです。

実際にやって実績を出した人もいますが、自分にはきついと感じるメソッドは無理にする必要はありません。

メソッド漬けで効果が出ることもあるかも知れません。でもメソッド漬けがしんどいと感じたら、そこが止め時なのかもしれません。無理やりメソッドをしている時って、心が満足していないんですね。引き寄せ頑張ってるなって感じるのですが、心が満足していないんです。

メソッドをやりたいと思ったらやり、やりたくないと思ったらやめてみる。潜在意識を活かすには直感に従うのが大事です。無理やりメソッド続けることは、今やりたくないという思いを無理やり打ち消していることになります。

今の感情に蓋をしてしまっては、引き寄せの力が弱ってしまいます。その感情がネガティブなものかもしれませんが、ネガティブは悪いものではありません。ネガティブもあなたの一つです。

また、直感力を磨くためにも、普段から少しずつ直感に従った行動をしてみるのも、引き寄せを行うのに大切です。

そうしているうちに自然と自分に合うメソッドや考え方に出会うことが出来ます。テレビやラジオ、偶然ネットで見た記事、偶然見た動画、偶然手に取った本、通りすがりの人が話してた言葉など、引き寄せを加速するヒントは世の中にあふれています。

私も最近、引き寄せとは少し違いますが、これはすごいなと感じる動画に出会いました。

メソッドをやりたくなくなるのは、願いが潜在意識に届いたから

どんな願いも叶えた後は、その叶えたいという今までの気持ちや感情は消えてしまいます。漫画も全巻読破しようと読んでいた時と、全巻読み終わった時とでは気持ちが変わるはずです。

欲しいものを手に入れる前と、手に入れた後の感情も違うはずです。手に入れた後は、手に入れたいという気持ちは消えてしまいます。

お金持ちになりたい、恋人がほしいという圧倒的多数の人が願う願いも、叶えた後はほっとして、「~したい」「手に入れたい」という気持ちはおさまるはずです。

願い事をアファメーションしていて、何だかアファメーション無理にしなくてもいいかなと思うときがやってきます。

そうなればアファメーションはゆるく、無理のないように続ければいいのです。無理にしなくてもいいと思えるようになったのは、願いが潜在意識に届いたからです。

だからといってすぐには実現化しないかもしれません。だからといって、実現化しないじゃないかと疑ってはいけません。

疑いは願いを叶えるのに大きな壁となってしまいます。でも疑いが出てくる時はあります。疑いとは信じていないから出てくるのです。

願いを叶えたいのなら疑いは、まがい物と思うようにすることです。疑いの心は誰かが精巧に作った嘘のようなものです。

願い事が届いたなと感じたら、自分がワクワクする、楽しいことを選択していってみてください。こう書くと無理にテンションを上げなくてはいけないように感じるかもしれませんが、やりたいことをする時に負担を感じることは無いはずです。

インターネットをダラダラ、動画をダラダラ見たい時はそれでもいいのです。それが楽しければそれでいいのです。ダラダラするのは悪いようなことのように感じますが、長い人生ダラダラも大事です。そのダラダラしていた時に見た情報が、今後役に立つことがあるかも知れません。

ダラダラは悪いことだと言って、無理に気を張るのも疲れますし、心も摩耗します。

とにかく安心すること、大丈夫だと信じること、些細な事でもいいので好きなことをする、好きなものを選ぶ。とにかくちょっとでも朗らかで安心、心地いい気持ちに持っていってください。

本日もお読み下さり、ありがとうございます。